ポスター完結


f:id:coroke5:20170807233450j:image
 次男画伯リュウキュウコノハズク 鉛筆バージョン

 

 

4色ベタ塗りなおしました。

幸いにも水彩絵の具!!

 

ティッシュペーパーをしっかり濡らしてトントントン

汚れたら捨て何度も何度も…

ベタ塗り薄くなりました。

 

しっかり乾かして、少し濃いめに作った絵の具で色づけしました。

 

画用紙をティッシュペーパーでふいたので、表面がボロボロ…

筆で塗るとさらにボロボロしてしまいそうなので、点々と色をのせていきました。

フワフワした感じの仕上がりが可愛らしい!

f:id:coroke5:20170807222230j:image

下にうっすらと黄色と緑わかりますね~(^^;)

ちなみに顔は青でした。

 

ふー…

ポスターがなんとか無事に仕上がり一安心。

 

残りは読書感想文。

お盆前に仕上げるぞー!!

災害時に子どもを守れるのか!?

警報が出る度に考えることがあります。

 

3人の子どもたち、誰を助けて誰を見捨てるのか!?

大袈裟ではありません。

3人抱っこは出来ません。

車で避難出来なかった場合どのような状態で移動するべきか。

避難所まで歩けるのか。

 

水害で誰かが流されてしまったら、他の子を置いて助けに行けるのか。

見ていることしか出来ないのか…

一番上が2年生です。1人で逃げろ!!

と言って、果たして逃げられるだろうか。

 

毎回考えてしまいます。

台風でも夫は会社から早く帰ってきたりしません。

何かあっても、1人で3人を移動させないといけません。

 

私はこんなに心配なのに、夫は心配ではないんだろうか!?

心配でも、早く帰るという雰囲気ではないんだろうか!?

仕事が大変なのはわかりますが…

災害なんて起こらないだろう!と思ってしまわずに、家族の命がかかっているかもしれない!!

という危機感!!

 

もう少し考えてもらえる世の中だといいな。

 

恐怖のベタ塗り、宿題は最後まで見てあげよう!!と誓った瞬間

‥フクロウは1人で丁寧に塗るんだよ~

  図鑑よく見て細かくね!!

 

と言い聞かせて洗濯物を干しに外へ

 

…できたよ~

 

早い!!

早すぎる!!

 

見にいくと…

赤青緑黄色の4分割のベタ塗り(゚o゚;

 

キャー!!!!

 

あんなに苦労して背景作ったのに

なんじゃこりゃー!!!!

 

細かく丁寧に → キレイに4分割

はみ出さないように塗ってありました。

 

もはやフクロウかどうかもわからない…

‥撃沈…

 

このまま提出か、なおすのか…

 

 

‥とりあえず母はコーヒーを飲もう…

 

 

続ポスター‥まだまだ終わらないよ


f:id:coroke5:20170804115510j:image

次男画伯リュウキュウコノハズク

体の大きさ:全長22㎝

分布   :奄美以南の南西諸島

生息環境 :森林

食べ物  :ヤモリ、昆虫

 

色塗り始まりました!!

昨年の失敗をもとに、今回は

背景→木→ふくろう

の順番で塗っていこうと思います。

 

昨年は、自由に描かせたのですが

人→植物→空→太陽

小さな子どもにありがちな絵

その後背景を塗る作業、かなり苦労しました…

最終的に

ものすごくアーティスティックに仕上がり、どこが絵でどこが背景なのかわからない(^^;)

 

‥背景先に塗れば良かった~!!

が強烈に残った瞬間でした…

 

今年は背景から!!

 

学校の絵の具セットは筆が大・小2本

‥大きい絵には時間がかかるな~

2センチ程の平筆と小筆を2本プラスして合計5本でスタート!!

 

ココから本気の親目線です。ゆっくりのんびりのお絵かきなんて付き合ってられません…

サクサクいきましょう!!

 

時短ポイント1

色を変えるたびに筆を洗うなんてめんどくさい…細かいところは3色同時進行でいきましょう。

 

時短ポイント2

親はスポンジを持ってスタンバイ!!

背景塗り始める前に、背景の部分にスポンジで水を軽~く塗ってあげるんです。


f:id:coroke5:20170804113327j:image

あら不思議!きれいに塗れるうえに絵の具の広がりが早い。

 

‥親が手を出したらダメだ~…

と思いつつ、ここだけはゴメンナサイ。低学年のうちだけはやらせて!!

広い背景をチンタラチンタラ塗っているちびっ子を目の前に沈黙は出来ません。

それがダメなら親が手伝わないといけない宿題は無くして下さい!!

 

次は木

こちらもスポンジで水

その上に子どもが絵の具を塗る

早い!!


f:id:coroke5:20170804113348j:image

少し乾いたら木に線をたくさん描けば、木に見える!!

去年とは雲泥の差

学校で絵の具の授業があったので、使い慣れていたんでしょう。

‥一年の成長ってスゴイな~

 

 

次は適当に葉っぱを描く。

このような小さい部分は、子どもが得意な部分なので放置…

 
f:id:coroke5:20170804113402j:image

ここまでで3時間(゚o゚;

子どもの集中力も切れザツになってきているので、残りは明日にしましょうか…

 

絵を描くことって本当に体力使いますね。

あ~…8月

 

 

 

 

ビオトープを諦めた‥ごく普通の金魚鉢


f:id:coroke5:20170731102347j:image
  カラスよけの網は100均です。

 

タイトル通りビオトープは諦めて2日に1回水替えをしています。

水草も偽物です。

 

一昨年はビオトープに燃えていたので色々と揃えたのですが、冬越しした昨年春から今のスタイルに落ち着いております。

 

 

3年前ビオトープ作りのために揃えたもの
f:id:coroke5:20170802113518j:image

容器

水草、土

金魚、メダカ、タニシ

  (金魚とメダカは別水槽です。)

 

初心者であまり深く考えていなかったので、

これでいけるだろう!!

とスタート。

しばらくはキレイでしたが…

だんだん水がにごり、水草の色が悪く根もドロドロしているような…

メダカが減ってきた!!マズイ

 

ビオトープの管理

ビオトープは水の中の微生物を増やすためにも、水は全替えしてはいけないらしいのです。

しかし!

あまりにも環境が良いとも思えない雰囲気…

金魚は大きいので見えますが、メダカは下にいってしまうと全く確認できません。

 

夏はお湯になってしまい、冬は凍る。

環境が悪すぎるでしょ…

 

初心者ながらも情報を集め、毎日の手入れは欠かさないようにしていましたが、マダマダマダマダ未熟でした…

本気が足りなかったようです。

まず小さな鉢、瓶ではだめだと思いました。

45四方の深さ30㎝くらいはある鉢で

“最低でもこのサイズ!!

というのを購入したのですが

我が家は軒下がなく、日当たり抜群の雨水も入る鳥も水浴びに来る…

水質を保てる条件があまりにも悪い‥

 

それでも2シーズンはメダカを孵化させて、大量に泳いでいたのですが、手をかけてあげることが出来ず…

さよならしてしまいました…

 

そこから2日おきの水替えに

今の金魚達は一昨年のお祭りで息子に連れてこられた金魚すくいの金魚です!

去年のは病気持ちでみんな数ヶ月の命でした…

一昨年のは強い!!

金魚も泳ぐ様子や肌つやで、なんとなく短命がわかりますね…

とはいえ、悪い環境で過酷なサバイバル生活をさせていたのは私ですが…

頻繁に水を替えるようにしてからは、今のこたちは長生きです。

一番良いことは見た目がさわやか!!

良く見えるので3匹の違いもわかります!

カワイイです(^^;)

 

生き物を飼うこと

最近、息子たちが

‥うちも犬とか猫とかウサギとか生き物飼いたいよ~!!

と頻繁に言うようになりました。

‥マテマテマテマテ!!金魚は??

誰が言い出して母が苦戦しているんだ!?

この子達に生き物は飼えない…

・・・決めつけてしまうのは良くないと思いますが

‥飼いたいって言ったら親が買ってくれた~

 毎日ご飯あげてるよ~!!えらいでしょ

 

レベルで動物を家で飼うなんてできません。

 

情操教育に!!

なんて言われていますが

教材ってことですか??あまりにも人間味にかける宣伝文句で…

 

私も過去に犬が家にいました。

鎖はついていましたが、ど田舎なので放し飼いな勢いで田畑を駆け巡っていました。

家も納屋の中に専用の小屋。

 

環境が違いすぎるんです…

広い庭で野性的な生活がいいわけではないですが、その犬に合った環境を整えてあげることがどんなに大変か…

 

可愛がってあげることは出来ると思いますが、可愛いだけがその犬にとって幸せなのか!?

考えれば考えるほど

‥うちには無理だ!!

と思ってしまうのです…

頭のかたい大人でゴメンナサイ。

 

 

週末はお祭りでございます。

金魚…………

世話してくれるかな~(__)

 

 

 

夏休みポスター2日目。


f:id:coroke5:20170731232134j:image

次男画伯コミミズク

体の大きさ:全長33~43

分布   :北アメリカ北部、南アメリカ南部

      ユーラシア北部、西インド諸島

     :日本全国

生息環境 :開けた平地、湿地

食べ物  :ノネズミ、ジネズミ

 

 

ポスター

2日で終わりませんでした…。

 夏休みの課題ポスターは親子で楽しもう。 - coroke5’s blog

 

注意:

‥ものっっっっすごく力を入れて描いているわけではございません。

 

練習からの下書き

相変わらずの 描いては消して描いては消して…    (画用紙ボッコボコ…)

 

納得しないと次に進めない…

かといって、集中したいメインの絵はしっかり描くのにその他、背景はグチャグチャグチャー…

 

‥下書きだからそんなにしっかり描かなくて大丈夫だよ~!!

と思ったら、次は‥背景までしっかり描けよ!!

ツッコミどころ満載でございます(^^;

 

その背景ですが、写真で何となくイメージを作って

‥こんな感じいいんじゃない!!

‥いや、こっちがいい!!

と語り合いながら、フクロウが木にとまっているイメージに決めたのですが‥

まだ二年生…

 

おや!?

サボテンにとまってるじゃん!!

筋肉ムキムキ マッチョなサボテン(゚o゚;

 

何故そうなった!!??

 

本人大爆笑!!

‥ムキムキマッチョ!!

 

途中までは、真剣に木を描いていたのですが…だんだんサボテンに見えてきたらしく、後半は確信犯でした…

 

・・・真面目にやれよ~

時間もったいないじゃんー。

大人視点…

 

笑わしたった!!

子ども視点!!

 

なんか…もー

子どもと一緒に楽しみましょう!!

とかいうタイトルでゴメンナサイ。

笑えるけど疲れる…。

 

そして、友達と遊びに行ってしまった…

 

なんとか画用紙に下書き終了

(ボッコボコだけど…)

 

明日も遊ぶ約束してきたらしい…

なんとか鳥以外の風景だけ明日終わらせるぞー!!!!

 

 

読書感想文の課題図書がまたしても貸出中…

あっという間にお盆をむかえてしまいそうで焦るー。

子どもは気楽に遊んでる…

自分の仕事が出来ない(><)

 

‥学校にエアコンつけて夏も登校してくれ!!

と思う母でした。

ちなみに次男は総合子ども園なので、夏休みも週2~3で、幼稚園に行っています!!

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

義実家で現実を見る。我が家に圧倒的に足りない物。


f:id:coroke5:20170729231704j:image

核家族の現実です…

 毎度のことですが、今の我が家の現実。

核家族(実家は遠方)

子ども3人育児

夫の帰宅は遅い

夫婦ともに時間に余裕がない≒心に余裕がない

‥よくあるタイプの家庭かと思います。

 

私が義実家で見てきた現実。

主人には姉が2人いるのですが、2人とも近所に住んでいます。

    (この時点で羨ましさ50%)

姉の子どもは2人と1人です。

実家が近所なので、仕事前に子どもを預けて出かけていくのですが

両親もまだ元気なので、それもよくある話しです。

 

では、何に対して我が家に圧倒的に足りないと思ったのか!?

それは…

子どもたちが色んな大人とふれ合う習慣です!!

そして大人から教えてもらえる情報、知識。

親じゃない大人にお願いする行動力。

何かをやってもらったときの達成感と感謝の気持ち。

 

語り出したら止まらないですが…

 

姉の子どもは、学校から祖父母宅に帰ることで毎日両親以外の人に会う機会があります。

宿題も、祖父母、両親、おばさんに教えてもらえる機会があります。

 

義母が

‥毎日宿題見てあげてるのに点数悪くて…

と嘆いていました。

  (ここで羨ましさ100%)

 

ゴメンナサイ。私宿題見ません…

聞かれたときしか答えません…

家事と仕事で手一杯で通りすがりにチラッと宿題プリント見て終わりです…

 

足りない…

知識が足りない…

大人が足りない…

時間が足りない…

会話も足りない…

 

私も祖父母がいる家庭で育ちました。

家には必ず誰かがいました。

昔の人なのでさすがに宿題を教えてくれたことは無いのですが(^^;

 

あやとり、おはじき、お手玉、将棋は祖父母に教わりました。

手芸の類も祖母に教わりました。

学校から帰ってきたらお菓子を作ってくれ、その後は畑仕事を手伝っていました。

 

祖母にやってもらっていた部分が我が家には無いんです…

 

 

どうしたらこの足りなさ、補ってあげられるんだろう!?

 

 

幸いなことに夫には趣味がない。

‥人生それで大丈夫??

と思ってしまうけど、おかげさまで休日は仕事以外のときは子供たちとの時間をしっかりと満喫しています。

ありがたいことです。

子供たちも完全にパパっ子です。

 

パパっ子は本当に助かるんです!!

休日に時間がないと、必要な物が揃わない、学校の準備もできない、家も汚いまま…

何もかも中途半端…

休日出かけてもらえると、平日に出来ないことができるし、3番目長女もゆっくりとお昼寝が出来る!!

 

そして、小学生になると母親と父親を使い分けるのです!

数年前は…

‥お母さん嫌。お父さんがいい!!

と言ってオモツも替えさせてくれなかったのに

‥これはお父さんじゃダメだから!! 

と言うときがあるんです。

逆もまた然り

成長したな~。

 

それと同じく祖父母も使い分けられるくらい仲良くなって欲しいのですが、お互いに様子を見合っている感じで…

 

遠方の為頻繁に行けないないのも原因かもしれないですが親以外にも信頼出来る大人が近くにいてくれるといいのにな。

祖父母がいる家いない家、絶対的な違いがあるとは思いませんが、義実家の様子を見て我が子が乗り越えないといけない壁は高いな~…

と痛感しました。

 

義両親が近い場合、嫁が乗り越える壁のほうが高い場合もありますが(^^;)

 

 

半分は愚痴でした。

週末にこんな話題ですみません…

良い週末を

お過ごし下さい!!