義実家で現実を見る。我が家に圧倒的に足りない物。


f:id:coroke5:20170729231704j:image

核家族の現実です…

 毎度のことですが、今の我が家の現実。

核家族(実家は遠方)

子ども3人育児

夫の帰宅は遅い

夫婦ともに時間に余裕がない≒心に余裕がない

‥よくあるタイプの家庭かと思います。

 

私が義実家で見てきた現実。

主人には姉が2人いるのですが、2人とも近所に住んでいます。

    (この時点で羨ましさ50%)

姉の子どもは2人と1人です。

実家が近所なので、仕事前に子どもを預けて出かけていくのですが

両親もまだ元気なので、それもよくある話しです。

 

では、何に対して我が家に圧倒的に足りないと思ったのか!?

それは…

子どもたちが色んな大人とふれ合う習慣です!!

そして大人から教えてもらえる情報、知識。

親じゃない大人にお願いする行動力。

何かをやってもらったときの達成感と感謝の気持ち。

 

語り出したら止まらないですが…

 

姉の子どもは、学校から祖父母宅に帰ることで毎日両親以外の人に会う機会があります。

宿題も、祖父母、両親、おばさんに教えてもらえる機会があります。

 

義母が

‥毎日宿題見てあげてるのに点数悪くて…

と嘆いていました。

  (ここで羨ましさ100%)

 

ゴメンナサイ。私宿題見ません…

聞かれたときしか答えません…

家事と仕事で手一杯で通りすがりにチラッと宿題プリント見て終わりです…

 

足りない…

知識が足りない…

大人が足りない…

時間が足りない…

会話も足りない…

 

私も祖父母がいる家庭で育ちました。

家には必ず誰かがいました。

昔の人なのでさすがに宿題を教えてくれたことは無いのですが(^^;

 

あやとり、おはじき、お手玉、将棋は祖父母に教わりました。

手芸の類も祖母に教わりました。

学校から帰ってきたらお菓子を作ってくれ、その後は畑仕事を手伝っていました。

 

祖母にやってもらっていた部分が我が家には無いんです…

 

 

どうしたらこの足りなさ、補ってあげられるんだろう!?

 

 

幸いなことに夫には趣味がない。

‥人生それで大丈夫??

と思ってしまうけど、おかげさまで休日は仕事以外のときは子供たちとの時間をしっかりと満喫しています。

ありがたいことです。

子供たちも完全にパパっ子です。

 

パパっ子は本当に助かるんです!!

休日に時間がないと、必要な物が揃わない、学校の準備もできない、家も汚いまま…

何もかも中途半端…

休日出かけてもらえると、平日に出来ないことができるし、3番目長女もゆっくりとお昼寝が出来る!!

 

そして、小学生になると母親と父親を使い分けるのです!

数年前は…

‥お母さん嫌。お父さんがいい!!

と言ってオモツも替えさせてくれなかったのに

‥これはお父さんじゃダメだから!! 

と言うときがあるんです。

逆もまた然り

成長したな~。

 

それと同じく祖父母も使い分けられるくらい仲良くなって欲しいのですが、お互いに様子を見合っている感じで…

 

遠方の為頻繁に行けないないのも原因かもしれないですが親以外にも信頼出来る大人が近くにいてくれるといいのにな。

祖父母がいる家いない家、絶対的な違いがあるとは思いませんが、義実家の様子を見て我が子が乗り越えないといけない壁は高いな~…

と痛感しました。

 

義両親が近い場合、嫁が乗り越える壁のほうが高い場合もありますが(^^;)

 

 

半分は愚痴でした。

週末にこんな話題ですみません…

良い週末を

お過ごし下さい!!